menu

技術紹介

多孔性配位高分子(PCP: Porous Coordination Polymer)は、有機金属構造体(MOF: Metal-Organic Framework)とも呼ばれ、世界に先駆けて京都大学で開発された新素材です。Atomisでは、コスト競争力が高い多孔性配位高分子の製造方法開発といったソリューション提供のみならず、新たな価値を提供するアプリケーション展開を目指します。

 

多孔性配位高分子の特徴 (1) – デザイン性

多孔性配位高分子(PCP)とは有機金属構造体(MOF)とも呼ばれ、金属と有機化合物が規則性を持ち連続的に三次元構造を形成し、ナノレベルに制御された多孔性を有する物質です。金属及び有機配位子を選択する事により自由に細孔空間を設計できる(デザイン性)特徴があります。


多孔性配位高分子の特徴 (2) – 柔軟性

これまでの多孔性材料(活性炭やゼオライト等)と異なり、多孔性配位高分子は柔軟な結合様式(配位結合)で構築されており、開閉可能な細孔を持った構造とする事も可能であり、スイッチがOn-Offになるようなシグモイド型の吸脱着性能を示します。

吸脱着の種類

1st generation
不可逆吸脱着

活性炭
ゼオライト
メソポーラスシリカ
多孔性配位高分子

2nd generation
可逆吸脱着

活性炭
ゼオライト
メソポーラスシリカ
多孔性配位高分子

3rd generation
柔軟な吸脱着

多孔性配位高分子

 

 

柔軟性の種類

Flexible Pillars     Stacked Layers       Breathing      Interdigitation    Interpenertration

 

多孔性配位高分子の特徴 (3) – 多機能性

多孔性配位高分子の整列された細孔を用い、分子の吸着、分離、輸送、整列、合成、触媒のみならず、イオン輸送や電子伝導、電磁特性、光励起といった新たな機能発現の研究が進められています。エネルギーや環境ソリューションの業界のみならず、食品、医薬品、電子部品、電機、建材、化学、半導体、宇宙開発といった幅広い業界で検討されており、産業分野に大きなインパクトを与えることが期待されています。

 

エネルギー
環境ソリューション
食品
医薬品
電子部品

 

 

 

電機
建材
化学
半導体
宇宙開発

 

 

 

ページトップ