menu

技術紹介

我々のコア技術である多孔性配位高分子(PCP: Porous Coordination Polymer)は、有機金属構造体(MOF: Metal-Organic Framework)とも呼ばれ、京都大学 高等研究院 北川進特別教授の研究成果です。Atomisでは、コスト競争力が高い多孔性配位高分子の製造方法開発といったソリューション提供のみならず、多孔性配位高分子を用いた新たな価値を提供するアプリケーション展開を目指します。

多孔性配位高分子とは

PCP/MOFはナノサイズの細孔を持ったスポンジのような構造を持っており、非常に大きな表面積を持っています。金属イオンと有機配位子より、その3次元構造を自由に設計可能で、その細孔をデザインする事でガスや低分子化合物を特異的に吸着保持させる事が可能です。



PCP/MOFの合成のイメージ。青色の金属イオンと有機配位子が結合して網目状の構造を作ります。

多孔性配位高分子の応用分野

多孔性配位高分子の細孔を用い、吸着のみならず分離、輸送、整列、合成、触媒、光励起、電子伝導性といった新たな機能発現の研究が進められています。産業の様々な分野に大きなインパクトを与えることが期待されています。

ページトップ