menu

当社アドバイザー 京都大学高等研究院 北川進特別教授が「エマニュエル・メルクレクチャーシップ賞」を受賞

2019-05-15

当社アドバイザーの京都大学高等研究院iCeMS拠点長 北川進特別教授は、多孔性配位高分子(PCP/MOF)の分野における研究功績が称えられ、今年のエマニュエル・メルク レクチャーシップ賞(Emanuel Merck Lectureship 2019)を受賞致しました。

同賞は、1992年にドイツの化学品・医薬品メーカーであるメルク(Merck KGaA)とダルムシュタット工科大学が共同で設立した賞で、化学や薬学において顕著な貢献が認められる研究者に贈られてきました。これまでに、ノーベル化学賞受賞者のマンフレート・アイゲン氏、 ジャン=マリー・レーン氏、フランシス・アーノルド氏など、16名の世界的に著名な研究者に授与されています。

https://www.merckgroup.com/en/research/grants-and-awards/emanuel-merck-lectureship.html

ページトップ